リップロップさんから久しぶりにメルマガが届きました。

新ドールのお知らせです。

以下、メールの一部引用
◆◇新ドール TYPE-140F を販売します!◇◆

●既存160cm/130cm(実寸126cm)ドールの中間になり、
身長約140cmです。
TYPE-140Fは、実践に特化したモデルです☆
股関節部が強固になり、外転・屈曲が大きく、無段階グリップとなります。
どのような体型のお客様でも受け入れてくれるドールです!
また、フレキシブルな背骨(腰部)を採用した為、バードな実践も可能になりました!
TYPE-140Fモデルのみ、バスト内容物であるシリコーンゴムを、従来のものより柔らか仕様に変更!かなり柔らかいです☆

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
9月22日 22時より、1体のみ販売です♪
※売り切れ後、受注生産に切り替えますが、日程は未定です。
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

実践に特化したモデルだそうです。

SO1プラスも優れた実践性能ですが、この文章から何が読み取れるか。

ポイントは「屈曲」ですね。

正常位で挿入する際、密着を高めるには「どれだけ脚が開くか」ではなく「どれだけ脚が上がるか」です。

脚が上がらないドールだと、もも裏に自分の腰が当たって(変な表現ですが分かりますよね?)深く挿入できないんです。

90度よりも上、そうですね120度くらいは上がってほしいですね。自分でひざを抱え込む体勢が取れるとベストです。

それからもうひとつ。「フレキシブルな背骨でハードな実践」

この言葉が何を意味するか。

私はズバリ、バックのことだと思います。

バックで挿入する場合、もう少し尻を突き出してくれたらなと思うのですが、腰がクイッと曲がらないと厳しいんですね。その辺が解決されているのではないでしょうか。

実際問題、バックの場合は、リップロップでもアルテでも、手をつかせるのは無理。ひじでも無理。胸と顔をべたっとベッドにつけることになるのですが(^^;)

詳細はリップロップのHPをご覧ください。
http://liplop.cart.fc2.com/ca30/130/p-r-s/

写真でもお分かりのとおり、腰が良く曲がってますね。

いずれにしても、この新型ドール。侮れませんなあ。おっぱいも柔らかくなったそうだし。

もう一体行くか?


あ、売り切れ!